平成30年度経営学科インターンシップ報告会を実施しました

平成30年度経営学科インターンシップ報告会(2018/10/23)
 10月23日(火)に本学B13・B14教室にて、平成30年度の経営学科インターンシップ報告会を開催しました。

 今年度は16名(3年生:10名、2年生:6名)の学生が、(株)イノチオホールディングス、蒲郡信用金庫、豊橋市役所など13事業所にて実習を行いました。

 報告会は2会場で行われ、各会場ではまず科目担当の見目喜重先生、伊藤真一先生より今年度のインターンシップの概要説明がありました。

 その後、16名の実習生より、実習先の概要、実習日程、実習内容、実習の所見などの報告がありました。報告の中で、実習生からは「営業では話す力ではなく、聴く力こそが大事であることを知った。営業に対する印象が大きく変わった。」、「顧客との会話では幅広い知識が必要となるため、さまざまな知識を身に付けたい。」、「顧客データとマーケティングの手法を活用して、論理的戦略に基づいて営業活動がされていることを知った。大学で学んでいる知識を生かせることが分かった。」、「インターンシップでの経験を生かして、今後は分からないことは積極的に質問していきたい。」などの声が聞かれました。

 
 続いて、インターンシップ協力企業を代表して、ユタカサービスグループ管理部課長・佐々木義宜様、ならびに(株)システムサーバー総務部副主任・村山裕美様よりコメントをいただきました。最後に、学長・理事長・伊藤晴康先生、ならびに経営学部長・佐藤勝尚先生より総括の言葉がありました。
 なお、今年度の報告会には、インターンシップ協力企業、近隣の高校など学外から17名の方に参加いただきました。

 報告会終了後は会場を移して本学就職・インターンシップ委員と協力企業のインターンシップ担当者との座談会を実施し、事前指導や実習中の学生の状況、今後のインターンシップの実施方法などについて意見交換を行いました。意見交換では企業担当者から、「インターンシップへの低学年の学生の参加も増やしていきたいが、そのために学生にはここで失敗しても良いことを伝えて欲しい」、「インターンシップの実施を事前に告知する機会があるとよい」などの意見を頂きました。また、インターンシップと採用の関連性、ワンデイ・インターンシップの実施等についても意見交換が行われました。

協力企業の担当者との座談会

 現在、インターンシップ報告書の作成・校正を進めております。報告書は、来年3月末に刊行する予定です。

<H30年度インターンシップ実習先>

  • 情報通信関連
    • (株)ウェブインパクト
    • (株)プライズメント
    • (株)アルタ
    • (株)システムサーバー
  • 運輸関連
    • (株)トヨコン
  • 小売関連
    • (株)イノチオホールディングス
  • 金融関連
    • (株)三井住友銀行
    • 蒲郡信用金庫
  • 宿泊関連
    • ホテルアソシア豊橋
  • 学習支援関連
    • ユタカコーポレーション(株)
  • 公務関連
    • 豊川市役所
    • 防衛省 自衛隊愛知地方協力本部
    • 豊橋市役所(市民協働推進課、自然史博物館)

経営学部インターンシップ報告会

日時 平成30年10月23日(火)
報告会 13時10分~14時40分
会場 豊橋創造大学 B13・B14教室

あわせて読みたい