ビジネスプランコンテスト

豊橋創造大学では、経営情報学部を開学して以来「起業家マインド」の育成を教育理念の一つとして挙げ、様々な取り組みを行ってきました。平成24年度に新設された経営学部においても、「ビジネスプレゼンテーション」「ビジネスプランニング」の授業科目において、その理念は引き継がれています。

この「ビジネスプレゼンテーション」「ビジネスプランニング」(担当:大野晴己客員教授)では「新ビジネスの創造」を目指して、「こんなことをやってみたい」「こんなものがあればいい」というアイデアや「〇〇を事業化して社長になりたいという夢」を具体的に「ビジネスプラン」として立案するという内容で授業を展開しており、その成果を諮るべく学生は、地域で行われる「ビジネスプランコンテスト」に応募してきました。

その結果、平成18年度(2006年度)から平成24年度(2012年度)の7年間にわたり、連続で近隣地域のビジネスプランコンテストで学生が入賞しております。

→ ビジネスプランコンテスト 受賞歴


ビジネスプレゼンテーション(3年次・春学期)

授業概要

相手に伝達・行動をしてもらうための「魅せるプレゼンテーション技術」の基本を習得します。その手段・手法は大幅に広がり、意思を明確に伝達すること、情報の的確な把握とニーズに対応する問題解決能力を中心に自己表現をすることです。実際にプラン書を作成してもらい、東三河ビジネスプランコンテストなど対外的な機関にエントリーができるようにスキルを養います。

ビジネスプランニング(3年次・秋学期)

授業概要

社会人で遭遇する事業計画や起業・創業する際に必要なスキルを養うことを目標にします。相手との係わりのなかで、いかに相手にとって有益なプランを企画提案できることを理解・習得します。また経営とクオリティのバランス感覚を認識して、オリジナリティと優位性から他者からも認められるビジネスプランを完成させます。

各地で開催されている「ビジネスコンテスト」にエントリーをして社会性も養います。