経営学部・見目教授が豊橋西高校「課題研究発表会」に参加しました

 経営学部・見目教授が豊橋西高等学校で開かれた情報活用コースの「課題研究発表会」に参加し、生徒の発表を聴講するとともに、内容について講評しました。発表会では、4人の生徒が代表として、各自の研究内容とその成果について発表しました。

 豊橋創造大学・経営学部では、豊橋西高等学校・情報活用コースの課題研究について2年生・1月の「ICTを活用した課題の探求」、3年生・4月の「課題研究の進め方」などの模擬授業を通して高大連携を行っています

(見目教授のコメント)
 卒業後、社会に出て求められる問題発見力・解決力、創造力を、情報活用力を生かしながら習得する豊橋西高校・情報活用コースの課題研究は、素晴らしい取り組みです。
 今年度の発表でも、高校生らしい問題発見力・解決力、そして創造力が発揮されていました。また、どのテーマも単なる個人の興味で終わらずに、人の役に立つ・人を楽しませるというレベルまで高められていたと思います。
 素晴らしい発表を聴かせて頂き、どうもありがとうございました。

新聞報道

経営学部・見目教授が豊橋西高校「課題研究発表会」に参加しました

東日新聞「豊橋西高で課題研究発表会―高大連携事業 豊橋創造大教授らが講評」(2017/01/12)

あわせて読みたい