市民大学トラム第2回は「企業経営とマーケティングコミュニケーション」をテーマに開催

 7月7日、本学と豊橋市教育委員会との共催による連携公開講座「市民大学トラム」の第2回が開催され、約60名の人たちが聴講しました。

 今回は、本学経営学部経営学科の川戸和英教授が「企業経営とマーケティングコミュニケーション」をテーマに講義。現在、日本企業の経営環境がどんな状況にあるかをわかりやすく解説し、これまでどんなマーケティングを行ってきたか、戦後の日本のマーケティングの歩みを、その時代の代表的なTVCMを取り上げて読み解いていきました。

 2000年からのマーケティングはソーシャル・マーケティングがテーマであるとして、新価値提供のマーケティングと、双方向コミュニケーションの2つのキーワードをあげ、価値を柱とする関係性の構築に向けて何をすべきかを説きました。

 「人々は、知りたいという願望が強く、看板もメッセージとして受け取る」とし、「企業活動の全てがコミュニケーション活動である」と結びました。


市民大学トラム『経営学の原理/経営フロンティア』

日付 講演タイトル 講師
6月30日(土) 現代経営学の新潮流 佐藤勝尚
(教授)
7月7日(土) 企業経営におけるマーケティング・
コミュニケーション
川戸和英
(教授)
7月21日(土) サプライチェーンとロジスティクス
大震災を踏まえて
石田宏之
(教授)
7月28日(土) 組織行動のマネジメント 加藤尚子
(准教授)
8月4日(土) 経営におけるICTの最前線 三好哲也
(教授)

あわせて読みたい