SOZO SOCKS STATION 運営プロジェクト

SOZO SOCKS STATION(第4期)オープン(2017/06/04)
 本プロジェクトは2014年11月にオープンした、学生が運営する靴下ショップSOZO SOCKS STATIONの運営を通じて、これまで学習してきた経営やマーケティング、会計、ICTの知識を実際に活用し、その理解を一層深めることを目的としている。

 4期目となる今年度は、従来のようにショップの店内レイアウトの考案、販促キャンペーン等の企画・展開、広告宣伝物の制作、市場調査だけではなく、以下の活動を新規に実施していく予定である。

  1. 商品仕入先の拡大とオリジナル商品の開発に向けた調査の実施
     日本一の靴下生産地である奈良県の靴下メーカーの協力のもと、店内の品揃えの充実化を図る。また、独自調査や販売を通じて顧客のニーズなどを調査し、オリジナル商品の企画に必要なデータ収集を行う。
  2. 会計領域の実務的な活動
    • 月次、年次予算の作成(損益計算書を中心に、昨年度実績や今年度計画を踏まえながら作成を行う)
    • 月次、年次の決算書作成(簿記の知識を活用しながら、仕訳帳、元帳から決算書を作成する)
    • 予算実績差異分析(予算と実績の差異について定量的な分析を行う)

H29年度の活動の目標

 地元メディアでの広告やSNS運営等による新規顧客開拓、リピーターの増加。
 新製品や靴下の宣伝、新しい促進キャンペーン、セールによる売上増価。



新聞報道

SOZO SOCKS STATION 運営プロジェクト

東日新聞「魅力伝え、接客力向上に-学生運営の靴下専門店リニューアルオープン」(2017/06/06)


プロジェクト関連サイト

過去の取り組み


本プロジェクトに関する記事