サークルインタビュー:第6回「写真サークル」

 豊橋創造大学には多くのサークルがあり、それぞれ活発に活動を行っています。本Webサイトでは、「サークルインタビュー」と題して経営学科学生のサークル活動の様子を紹介していきます。

 第6回目は「写真サークル」です。

(取材・記録:経営学科広報委員)

2019-写真サークル創設!!

 最近「写真サークルが創設されたらしい」という話を耳にした取材班。よく見ると学内にもメンバー募集の掲示があることに気づき、気になった我々はサークル代表(経営学科3年伊藤君)に取材を申し込み、先日話を聞くことができました。

創造祭展示写真を選定中の伊藤君にインタビュー!

写真サークル・インタビュー

こんにちは。サークルの正式名称、メンバー構成などを教えてください。

 サークル名は「写真サークル」です。メンバーは経営学科3年が2人、理学療法学科3年が3人、の計5人です。サークル代表は自分(※伊藤君)です。今年の7月にサークルを立ち上げました。

写真サークル立ち上げの経緯や動機を教えてください。

 元々写真を撮るのが好きでした。大学入学後、周りにも同じように写真撮影が好きな人がいることを知り、一緒に行動していたのですが、もっと色々な人たちと繋がって一緒に撮りたいと思うようになり、サークルを立ち上げました。

 経営学科3年の科目「プロジェクト実習」で「のんほいパーク盛り上げ隊!」に加わったこともサークル立ち上げの動機になりました。このプロジェクトでは、動物や植物、景色の写真をSNSに投稿して紹介することで、豊橋総合動植物公園の広報に協力する活動をしています。サークルとして正式に活動して経験や知識を積んで撮影技術を向上させ、プロジェクトに貢献できたらという考えがありました。

具体的にどのような活動をしていますか?

 この夏休みには遠出をして、山梨県の「花の都公園」と、和歌山県の「生石高原」へ写真撮影に行ってきました。

 花の都公園は花と富士山を一緒に撮れることで有名なスポットで、実際に行ってみるとお花がとても綺麗でした。当日はあいにくの曇り空で富士山は撮れなかったので、いつかリベンジしたいです!生石高原は、高原の一角に岩が突き出た場所が存在して、その場所が「海外みたい」と有名なフォトジェニックなスポットです。このときは大体思い通りの写真を撮ることができて、とてもテンションが上がりました!

※ 本ページ後半に、その際に撮影された写真を掲載しています。

 撮った写真は、いまのところ個人個人でInstagramにアップして公開しています。

夏休みには、高校生との交流もあったそうですね。

 写真サークル顧問の岩田さん(入試センター職員)からの紹介で、姉妹校である藤ノ花女子高校写真部の撮影勉強会(@創造大)にメンバー2人が参加させてもらいました。

 プロの方を講師としてお招きした本格的な勉強会で、大変学ぶことが多かったです。特に、「絵を描くように構図を決める」と教えられたことが深く印象に残っています。今後の撮影に活かしていきたいです。本当に勉強になりました!!

今後どのような活動を予定している、あるいは、してみたいですか。

 今年の創造祭で、写真サークルが撮った作品を展示する予定です。自信作を集めて展示する予定ですので、多くの人に見てほしいです!

 今後は、Instagramで見かけて気になっている「モネの池」(岐阜県関市)に行って、撮影しようと計画中です。また、写真コンテストにも応募していきたいと考えています。

(※次の2枚は写真サークルが花の都公園と生石高原で撮影した写真。クリックで大きく表示)

花の都公園にて撮影

生石高原にて撮影

最後に、在学生や高校生に向けたメッセージをください。

 現在5名で活動しています。もっと仲間を増やしていきたいので、興味のある方は声をかけてください!(メンバー、あるいは、入試センター・岩田さんまで)

 これまで豊橋創造大学には写真部がありませんでした。今回サークルを立ち上げたので、高校で写真部にいた人たちも大学で活動を継続できますよ!入学後は、ぜひ写真サークルへ!一緒に写真を撮りましょう!!


おわりに

 まだ立ち上げたばかりのフレッシュなサークルですが、アクティブに活動中のようです。その技術を、大学の広報のためにも活かしてほしいですね!(教員からのお願い(笑))。写真に興味がある大学生・高校生はたくさんいると思いますので、ぜひ同士を増やして、盛り上げていってください!

 今後も本学のサークル活動のレポートをお届けしていく予定です。サークルインタビュー第7回、お楽しみに!

リンク

あわせて読みたい