豊橋税務署筆頭副署長・森下智氏より「くらしを支える税」と題してご講演いただきました

「くらしを支える税」についての講演(2016/11/14)
 「税を考える週間」(11月11日~17日)の期間中である11月14日(月)に、経営学部・1年次学生を対象に豊橋税務署筆頭副署長・森下智氏より「くらしを支える税」と題してご講演をいただきました。

 講演の冒頭で「税は私たちが健康で文化的な生活を送るための『社会の会費』である」ことを説明いただいたのち、財政の現状、税の歴史と変遷、税の分類や税金の使われ方など、税に関して幅広く丁寧にご説明いただきました。また、講演の後半では、国税庁の使命や税務署の仕事について説明され、インターネット取引をした場合の確定申告に関するドラマ(「あなたのインターネット取引、確定申告していますか」Web-TAX-TV)もご紹介いただきました。

豊橋税務署筆頭副署長・森下氏による講演

豊橋税務署筆頭副署長・森下氏による講演

 今回の講演を通じて、学生であっても消費税など多くの税金を支払っていること、教育や医療などの行政サービスを通して税金の恩恵を受けていることなど、普段あまり意識することのない税について、しっかりと考える非常に良い機会となりました。

財政の現状について説明を聞く学生たち

財政の現状について説明を聞く学生たち


「くらしを支える税」

参 加: 経営学科1年生
日 時: 11/14(月)13:10-14:40
場 所: 豊橋創造大学 A21教室
担 当: 豊橋税務署筆頭副署長・森下智氏

リンク

あわせて読みたい