手筒花火プロジェクト活動報告(中田プロジェクト)

炎の祭典実行委員長・藤倉氏へのアンケート結果報告(2015/11/26)
 手筒花火プロジェクトでは、豊橋伝統の手筒花火について調査し、学生と同世代の若者に伝えていくことを目的に活動を行っています。これまで、祇園祭・羽田祭では地域の方々と共に神輿担ぎや手筒花火の製作過程に参加させていただいてきました。

 この活動の一環として、第20回炎の祭典では、若者の手筒花火に対する意識調査をするため、アンケート調査を実施しました。炎の祭典当日は晴天にも恵まれ、アンケートには255名の方にご協力いただきました。(ご協力いただいた皆様、ありがとうございました)

 その後、アンケート結果の集計を行い、11月26日(木)に豊橋商工会議所青年部 炎の祭典実行委員長 藤倉氏のもとへ報告に伺いました。

 10代後半から30代の方々を中心とした今回のアンケート結果からは、手筒花火を揚げてみたいと思っている方が6割近くいるということが明らかになりました。

活動の様子


プロジェクト紹介

あわせて読みたい