豊橋エコタウン・プロジェクト

プロジェクトテーマ

 豊橋市内小中学校に設置された太陽光発電システムの稼働状況調査

概要

 エネルギー・環境問題への対策として導入が進められている太陽光発電は、設置が容易である、稼働時に騒音を発生しないなどの長所を持つ一方で、長期間の使用による故障や性能劣化などの長期信頼性が問題視されている。
 本プロジェクトでは、平成23年度より豊橋市内小中学校に導入された太陽光発電システムの稼働状況および発電データを基に、システムの長期信頼性(故障・トラブルの発生、性能劣化)を検討してきた。 今年度も継続して調査を行い、新たな故障・トラブルの発生状況を確認するとともに、調査結果を分析して今後の故障・トラブルへの対応策を考察する。また、太陽光発電システムの年間発電量の実績値を把握してシステムの導入効果を精査するとともに、その結果を用いて設備維持のための啓蒙活動を行う。
 一連の活動を実施するために太陽光発電に関する基礎知識を修得するとともに、訪問調査の実施および結果報告を通して社会人基礎力を、また調査結果の分析を通してICT活用力を修得する。

2020年度の活動の目標

  • 豊橋市内小中学校・特別支援学校(全75校)の訪問調査の実施
  • 太陽光発電システムの年間発電量およびシステム導入効果の精査
  •    発電量調査対象校の拡大、発電量の地域依存性の分析

  • 設備維持のための啓蒙活動の実施
  •    関係各所での調査結果の報告

  • 豊橋市への調査結果の報告、ならびに設備維持のための方策の提案

過去の取り組み