特別講演会「税制・税務行政、地方創生に携わって」を開催しました

川上尚貴氏による特別講演会「税制・税務行政、地方創生に携わって」(2019/11/16)
 11月16日、本年7月に財務省を退官された川上尚貴氏(前税務大学校長、元内閣官房まち・ひと・しごと創生本部地方創生総括官補)を招聘し、豊橋創造大学経営学部及び同大学産業・政策研究所主催(共催:豊橋産官学連携推進会議、愛知大学三遠南信地域連携研究センター/後援:東三河県庁、株式会社サイエンス・クリエイト、豊橋税務署、日本政策金融公庫豊橋支店ほか多数)で「税制・税務行政、地方創生に携わって」と題しました特別講演会を豊橋創造大学で開催いたしました。川上氏から、演題通り、税制・税務行政と地方創生の2本柱をテーマに、関連政府機関から最新の情報を取り入れつつ、ご講演をいただきました。

 豊橋市役所や豊川市役所、東三河県庁、豊橋税務署等の公共機関からの参加者が多数を占めるなか、税理士の方々、行政書士の方々、ご年配の方々まで幅広い層かつ業種の方々のご参加を賜りました。さらに、近隣愛知大学からは公務員志望の学生が、また、本学からは経営学部の学生も参加しました。

 講演後、豊橋市の金田副市長から、豊橋市、また東三河地域全体の地方創生にあたりご質問いただき、川上氏からは東三河広域連合の活用が重要である旨ご助言賜りました。そのほか、豊橋創造大学経営学部2年生の2名からも、軽減税率や今後の地方創生に関し、積極的な質問が出るなど、本学学生にとっても刺激となる講演となりました。さらに東海税理士会豊橋支部長を務められている内藤税理士からは、実務経験に基づく「企業版ふるさと納税」の活用具合の偏在性について、専門的な視点からの的確な質問をいただくなど、熱い雰囲気が講演会場に流れていました。

 講演後、川上氏から「思い出に残る貴重な講演の機会をご用意いただき、ありがとうございました。」との言葉をお見送りの際に頂戴いたしました。当初の講演予定時間を超えて、質問も多くいただき盛会となりましたこと、本講演会の準備に向けて強力なご助力を賜りました関係各位の皆様に主催者として御礼申し上げます。また、本講演会に多大なるご尽力を賜りました共催、後援関係者の皆様、この場をお借りし、心より御礼申し上げます。

 豊橋創造大学経営学部では、地域の知の拠点として、今後も地域の皆様との連携を密にして、公開講演や産官学連携プロジェクト等を実施していく予定でおります。今後とも何分のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

※ なお、本講演会で用いた資料や議事録等につきましては、豊橋産官学連携推進会議等の枠組みを通じて準備が出来次第、提供させていただく予定でおります。

講演会の様子


新聞報道

東日新聞「増税や財政状況を開設-前国税庁税務大学校長 川上尚貴氏が講演」(2019/11/17)


2019年度公開講座 特別講演会

〈日時〉
 2019年11月16日(土) 14:00~15:30
〈場所〉
 豊橋創造大学 A21 教室
〈演題〉
 税制・税務行政、地方創生に携わって
〈講師〉
 前税務大学校長 川上 尚貴 氏
〈主催〉
 豊橋創造大学経営学部、豊橋創造大学産業・政策研究所
〈共催〉
 豊橋産官学連携推進会議(豊橋市、豊橋商工会議所、豊橋技術科学大学、愛知大学、愛知大学短期大学部、豊橋創造大学、豊橋創造大学短期大学部)、愛知大学三遠南信地域連携研究センター
〈後援〉
 東三河県庁、東三河懇話会、社会人キャリアアップ連携協議会、株式会社サイエンス・クリエイト、豊橋税務署、日本政策金融公庫豊橋支店、豊橋信用金庫、豊川信用金庫、蒲郡信用金庫、豊橋市教育委員会、中日新聞社、東愛知新聞社、東海日日新聞社、豊橋ケーブルネットワーク株式会社[ティーズ]、やしの実FM

あわせて読みたい