経営学部生が豊橋税務署で職場体験 ~税金の仕組み・実務を学ぶ~

 9月12日(木)、豊橋税務署にご協力いただき、経営学部経営学科「会計・財務コース」で学ぶ学生5名(4年生2名、3年生2名、2年生1名)が豊橋税務署で職場体験学習を受けました。学生達は、税務署の役割や税金の仕組みを学ぶとともに、模擬税務調査も体験させていただきました。

 今回の職場体験学習を通して、学生達は税金の意義や役割を理解し、税制度が私達の健康で豊かな暮らしを支えていることに改めて気付くことが出来ました。また、模擬税務調査では、包原税務署長に会社の社長に扮していただき、国税調査官役である学生達が社長にヒアリングを実施し、実際の税務調査の流れも体験することが出来ました。

 以上のように、滅多に経験できないことを経験出来た学生達は、税と社会の関係性について考える機会を得て、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

あわせて読みたい