経営学部3年生対象「学部自己理解促進プログラム 模擬面接講座」を実施しました

自己理解促進プログラム・模擬面接講座(2019/02/14-15)
 平成31年2月14日(木)、15日(金)、経営学部の3年生を対象に「学部自己理解促進プログラム 模擬面接講座」が実施されました。

 本学では、就職活動におけるスキル面を重視した就職ガイダンス等とは別にメンタル面の強化を目指した取り組みとして、平成22年度からメンタルタフネス育成講座を行ってきました。平成25年度からは、メンタルタフネス講座(年3回)と2日間日程の『模擬面接講座』と連携させて、合わせて5日間の学部自己理解促進プログラム講座での実施となります。全学生とゼミナール担当教員が参加し、企業人事担当の方々の協力のもと行われる、より実践的な講座です。

 今回の模擬面接講座は1年間の締めくくりとなる2日間の講座であり、アクティブラーニングによる主体性・創造性の育成、自己理解を深める活動として、学生が採用面接官を擬似体験するバーチャル人事体験を行います。このプログラムの大きな特徴は、学生が面接者と面接官の両者を体験できることにあります。特に通常経験することの出来ない面接官の役割をオブザーバーとして体験することによって、企業の人事の視点からどのような学生が求められ、何が評価の対象となるのかについて、企業側のニーズの理解と自己の職業観を理解できるようになります。就職カウンセラーや企業人事担当の方々に各グループについてもらい、人事担当者としてのフィードバックを貰いつつ、iPadによるビデオ撮影とそれを見ながらの振り返りによって、より具体的に学生自身が学修を進められる講座となっています。

1日目基礎講座の様子(まずは事前作成した履歴書をベースに志望動機等を深めていきます)

2日目集団面接練習の様子(就職カウンセラーの方々に助言してもらいながら、2日目の本番へ向けての面接練習です)

2日目グループディスカッションの様子(GDを通して、会社の基礎や話し合いの大切さを確認します)

2日目集団面接の様子(企業人事担当の方々にも参加してもらって、全員で集団模擬面接です)

2日目個人面接の様子(企業人事担当の方々にも参加してもらって、全員で個人模擬面接です)

2日目個人面接の様子(人事担当の方々に助けてもらいながらやる面接官役も大切な実習です)

 受講後の学生からは、『面接側の視点を知ることができた。』、『就活のスイッチが入った。』、『自分では分からないことに気づくことができた。』、『情報不足を実感した。』、『不安が少し解消できたし、弱点に気が付きました。』、『改善点が明確になった。』等の感想が寄せられ、体験から自己理解と内省を深める講座となりました。


自己理解促進プログラム 模擬面接講座

日 時: 平成31年2月14日(木)・15日(金)
対 象: 経営学科3年生


こちらもご覧ください

あわせて読みたい