平成29年度経営学科インターンシップ報告会を実施しました

平成29年度経営学科インターンシップ報告会(2017/10/24)
 10月24日(火)本学A21・A23教室にて、平成29年度の経営学科インターンシップ報告会を開催しました。

 今年度は、3年生:14名、2年生:1名の計15名が、サーラグループ、豊橋信用金庫、豊橋市役所など11事業所にて実習を行いました。

 参加学生が多かったために、報告会は2会場にて行われました。各会場ではまず科目担当の見目喜重先生、和田剛明先生より今年度のインターンシップの概要説明がありました。

 その後、15名の実習生より、実習先の概要、実習日程、実習内容、実習の所見などの報告がありました。報告の中で、実習生からは「お客様との信頼関係を深めるためにも新聞等にはしっかりと目を通し、社会・経済情勢をしっかりと把握しておくことが大事であることが分かった。」、「ただ作業をこなすだけでは駄目で、常に効率を求めることが必要であることが分かった。」、「中小企業は大企業に比べて経営者との距離が近く、自分の声がトップにも届きやすい。中小企業への興味が高まった。」などの声が聞かれました。

平成29年度経営学科インターンシップ報告会を実施しました

実習報告


平成29年度経営学科インターンシップ報告会を実施しました

実習報告

 続いて、インターンシップ協力企業を代表して、ユタカサービスグループ管理部課長・佐々木義宜様、ならびにサーラカーズジャパン統括本部・金子委央様よりコメントをいただきました。最後に、学長・理事長・伊藤晴康先生、ならびに経営学部長・佐藤勝尚先生より総括の言葉がありました。
 なお、今年度の報告会には、インターンシップ協力企業、近隣の高校など学外から13名の方に参加いただきました。

 報告会終了後は会場を移して本学就職・インターンシップ委員と協力企業のインターンシップ担当者との座談会を実施し、事前指導や実習中の学生の状況、今後のインターンシップの実施方法などについて意見交換を行いました。特に企業担当者からは、ワン・デイ・インターンシップや就職直結型のインターンシップに対する大学の対応について質問がありました。また、個人情報の関連などで実務に近い職場体験の実施が困難な場合の対応について、実施事例を含めた意見交換が行われました。

平成29年度経営学科インターンシップ報告会を実施しました

協力企業の担当者との座談会

 今後はインターンシップ報告書の作成を進め、来年3月末に刊行する予定です。

<H29年度インターンシップ実習先>

  • 豊橋市役所
  • サーラグループ
  • 三井住友銀行
  • 豊橋信用金庫
  • 豊川信用金庫
  • 蒲郡信用金庫
  • 静岡エフエム放送(株)
  • (株)トヨコン
  • (株)ほの国百貨店
  • ユタカコーポレーション

経営学部インターンシップ報告会

日時 平成29年10月24日(火)
報告会 14時50分~16時20分
会場 豊橋創造大学 A21・A23教室

あわせて読みたい