こども未来館ここにこにおいてウミガメの産卵保護に関する啓発活動を行いました(中野プロジェクト)

こども未来館ここにこでの啓発活動(中野プロジェクト)(2016/12)
静岡県堺から伊良湖岬に至る表浜海岸には、レッドデータブックにおいて絶滅危惧種に指定されているアカウミガメが産卵・上陸することで知られています。しかし、ウミガメの数は減少傾向にあり、その保護が重要な課題となっています。

中野プロジェクトでは、ウミガメの生態について学ぶとともに、こうした現状について子供たちに知ってもらうべく、12月下旬にこども未来館ここにこでの啓発活動を行いました。担当学生(加藤みどりと青山真理)が、小学生を対象に生態と豊橋市の保全策などを説明し、ウミガメクイズ正解者に「カメさんシール」と「ウミガメバッジ」を配布。身近な自然保護の大切さを訴えました。

(中野ゼミナール)

h28-nakano-201612-1-474
h28-nakano-201612-2-474
h28-nakano-201612-3-474


プロジェクト紹介

あわせて読みたい