経営学部 島田教授による金西寺「當寺御開山御真筆」の調査・新発見内容について

島田教授による金西寺「當寺御開山御真筆」の調査
 経営学部 島田大助・教授(日本近世文学)は、金西寺(豊橋市下条東町)より解読を依頼され調査を行っていた文書「當寺御開山御真筆」※に貴重な記述を発見したとして、調査結果の一部について2月1日(水)豊橋市役所で発表しました。

 島田教授が「當寺御開山御真筆」を調査したところ、当時仏教を弾圧した織田信長に対して、「黒鼠の清盛の再来」など辛辣な表現を用いて非難する記述があることを発見しました。僧侶がここまで過激に書くのは珍しく、当時の仏教界が抱いた感情を理解する上で大変貴重な史料であり、今回の発見は注目されています。

 なお、読売新聞「探報 東海百城」により詳しい内容がまとめられていますので、ぜひご覧ください。

※當寺御開山御真筆
鈴木正三の『因果物語』にも描かれる月岑牛雪大和尚(妙厳寺(豊川稲荷)十二世の住持)が金西寺を開く際(1619年頃)に書いたとされる。金西寺の寺宝として長く収蔵されていた。

読売新聞「探報 東海百城」

報道発表

経営学部 島田教授による金西寺「當寺御開山御真筆」の調査・新発見内容について


中日新聞「僧侶の詩文 信長を酷評ー豊橋・金西寺の開山記から発見」(2017/03/21)


島田大助 教授

博士(文学)青山学院大学
平成14年4月に豊橋創造大学、助教授として着任。現在、経営学部経営学科教授。経営学科では、「文学論」「国語表現法」などの一般教養科目を担当。著書に『よみがえる講談の世界 水戸黄門漫遊記』(国書刊行会)、『近世はなしの作り方読み方研究』(新葉館出版)などがある。

あわせて読みたい