経営学部3年・石井勇年君が『浜松ビジネスの卵発掘コンテスト』二次審査進出・プレゼンを実施

浜松ビジネスの卵発掘コンテスト・二次審査(2015/11/15)
 平成27年11月15日(日)、『浜松ビジネスの卵発掘コンテスト』一次審査を通過した経営学部3年・石井勇年君が、二次審査(プレゼンテーション審査)に臨みました。

 石井君は、「あきんど文具カフェ」と題した4つの事業からなるビジネスプランについて発表を行いました。発表および質疑応答を含めて15分の発表時間でしたが、審査員の方々のほぼ全員から質問や感想をいただくことができ、提案するビジネスプランに興味を持っていただけた様子でした。

ビジネスプランをプレゼンする経営3年・石井君

ビジネスプランをプレゼンする経営3年・石井君

 二次審査を通過できた場合には、最終審査会(平成28年1月17日(日))で最後のプレゼンをすることになります。今後は審査員の方々からいただいた質問や感想等の助言を基に、ブラッシュアップしていく予定です。


浜松ビジネスの卵発掘コンテスト・二次審査

日 時: 平成27年11月15日(日)
会 場: 浜松グランドホテル 1F 萩の間
主 催: 浜松ロータリークラブ
関連ページ: http://www.hamamatsu-rc.jp/2015/80th/


経営学部とビジネスプランコンテスト

 豊橋創造大学では、経営情報学部を開学して以来「起業家マインド」の育成を教育理念の一つとして挙げ、様々な取り組みを行ってきました。平成24年度に新設された経営学部においても、「ビジネスプランニング」「ビジネスプランニング演習」の授業科目において、その理念は引き継がれています。

 この「ビジネスプランニング」「ビジネスプランニング演習」(担当:大野晴己客員教授)では「新ビジネスの創造」を目指して、「こんなことをやってみたい」「こんなものがあればいい」というアイデアや「〇〇を事業化して社長になりたいという夢」を具体的に「ビジネスプラン」として立案するという内容で授業を展開しており、その成果を諮るべく学生は、地域で行われる「ビジネスプランコンテスト」に応募しています。

 その結果、これまで近隣地域のビジネスプランコンテストで数多くの学生が入賞しております。これまでの受賞歴については、次のページをご参照ください。

 ⇒ 7年連続受賞更新中!今年度もビジネスコンテストでトリプル受賞をしました!

あわせて読みたい