新しい画像形式”BPG”を試す

最近いろいろなサイトで紹介されている新画像フォーマット”BPG”を試してみる.

BPG Image format
http://bellard.org/bpg/

GIGAZINE – JPEG画像の約半分のファイルサイズで同品質のものを表示できる画像形式「BPG」が誕生、実際に使ってみるとこんな感じ
http://gigazine.net/news/20141215-bpg/


動機

  • 新しい画像形式ということで “BPG” が話題みたい
  • 同品質のJPEG画像と比較するとファイルサイズを約半分以下に縮小できる,のだそう
  • ちなみにlosslessモードあり.photographic なPNG画像からの変換に効果がある,みたい(変換プログラム一式に同梱のREADMEにいろいろ書いてある)
  • ほんとですか,ということで

※まあ,デモサイトで見てもらうのが一番かと
→ http://xooyoozoo.github.io/yolo-octo-bugfixes/


流れ

  • 上記のサイトから変換プログラムをダウンロード
  • エンコーダbpgencはこんな感じで
    bpgenc usage

    bpgenc usage

  • コマンドラインから変換実行 → out.bpg ファイル出力
  • 付属のデコーダ(JavaScript)を利用してブラウザで描画(canvasを使って描画)
  • ※細かい話についてはいろんなサイトを参照してください

比較

JPEG(品質100,178KB)

JPEG(品質100,178KB)

JPEG(圧縮後,14.3KB)

JPEG(圧縮後,14.3KB)

BPG(14.5KB)

BPG(14.5KB)

JPEG(品質100,112KB)

JPEG(品質100,112KB)

JPEG(圧縮後,9.35KB)

JPEG(圧縮後,9.35KB)

BPG(8.25KB)

BPG(8.25KB)


結果と感想

  • デフォルトの状態(オプション引数なし)で無圧縮JPEG(ソース)から変換すると,1/10以下のファイルサイズのBPGファイルが出力された
  • BPGファイルサイズと同程度のファイルサイズにしたJPEG画像と比較すると,確かにBPGのほうが良さそう
  • もうちょっと試したいけどブラウザ経由するの面倒・・・
  • 早くOSやブラウザで標準サポートされるとよいですね

参考サイト

あわせて読みたい