業績一覧

学術論文

  1. 山口満,三輪多恵子,斎藤努,田所嘉昭,”二重くし形フィルタによる独唱・二重唱の音高推定,” 電学論(C),vol.121-C,no.12,pp.1853-1859,Dec. 2001.
    M. Yamaguchi, T. Miwa, T. Saito, and Y. Tadokoro, ”Pitch estimation of solo and duet songs using double comb filters,” Trans. IEE of Japan, vol.121-C, no12, pp.1853-1859, Dec. 2001.
  2. 山口満,三輪多恵子,田所嘉昭,”並列構成くし形フィルタと特異値分解による多重唱の音高推定,” 信学論(D-II),vol.J87-D-II,no.4,pp.1020-1029,April 2004.
    M. Yamaguchi, T. Miwa, and Y. Tadokoro, ”Pitch estimation of singing voices using parallel-connected comb filters and singular value decomposition,” IEICE Trans. Information and Systems of Japan, vol.J87-D-II, no.4, pp.1020-1029, April 2004.
  3. 森田健夫,山口満,田所嘉昭,”並列構成くし形フィルタの出力値に注目した採譜のための音高推定法,” 信学論(D-II),vol.J87-D-II,no.12,pp.2271-2279,Dec. 2004.
    T. Morita, M. Yamaguchi, and Y. Tadokoro, ”Pitch estimation method for transcription using parallel-connected comb filters and noticing their output values,” IEICE Trans. Information and Systems of Japan, vol.J87-D-II, no.12, pp.2271-2279, Dec. 2004.

国際会議論文

  1. Y. Tadokoro and M. Yamaguchi, ”Pitch detection of duet song using double comb filters,” Proc. ECCTD’01, vol.I, pp.57-60, Espoo, Finland, Aug. 2001.
  2. Y. Tadokoro, W. Matsumoto, and M. Yamaguchi, ”Pitch detection of musical sounds using adaptive comb filters controlled by time delay,” Proc. ICME’02, vol.1, pp.109-112, Lausanne, Switzerland, Aug. 2002.
  3. M. Yamaguchi and Y. Tadokoro, ”Pitch estimation of polyphonic songs using comb filters and singular value decomposition,” Proc. TENCON’03, vol.1, pp.375-379, Bangalore, India, Oct. 2003.
  4. Y. Tadokoro, T. Morita, and M. Yamaguchi, ”Pitch detection of musical sounds noticing minimum output of parallel connected comb filters,” Proc. TENCON’03, vol.1, pp.380-383, Bangalore, India, Oct. 2003.
  5. M. Yamaguchi and Y. Tadokoro, ”Pitch estimation of polyphony based on controlling delays of comb filters for transcription,” Proc. 11th DSP Workshop, pp.371-375, Taos Ski Valley, New Mexico, USA, Aug. 2004.
  6. Y. Tadokoro, K. Tanishita, and M. Yamaguchi, ”Musical instrument estimation using linear prediction method,” Proc. IWSSIP’04, pp.207-210, Poznan, Poland, Sept. 2004.
  7. Y. Tadokoro, T. Fujiwara, T. Saito, and M. Yamaguchi, ”Pitch estimation for musical sounds with percussion sound using resonator-type comb filters,” Proc. TENCON’04, vol.A, pp.88-91, Chiang Mai, Thailand, Nov. 2004.
  8. Y. Tadokoro, M. Natsui, Y. Seto, and M. Yamaguchi, ”Pitch Estimation of difficult polyphony sounds overlapping some frequency components,” Proc. ICINCO’06, pp.168-173, Stubal, Portugal, Aug. 2006.
  9. M. Yamaguchi and Y. Tadokoro, ”Pitch estimation for mixed tones with overlapped harmonic components using comb filters and auto-correlation functions,” Proc. SCIS & ISIS 2008 (Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems), pp.861-864, Nagoya, Japan, Sept. 2008.

研究会発表

  1. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”並列構成くし形フィルタによる歌唱の採譜の基礎検討,” 信学技報, DSP2000-94, pp.33-38, 豊橋技術科学大学, Sept. 2000.
  2. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”縦続接続くし形フィルタ構成による多重唱の音高推定の検討,” 情処学音楽情報科学研報, 2001-MUS-41-10, pp.55-60, 静岡文化芸術大学, Aug. 2001.
  3. 山口満, 森田健夫, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”並列構成くし形フィルタによる和音の音高検出法の検討,” 信学技報, DSP2001-204, pp.57-64, 徳島大学, March 2002.
  4. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”並列構成くし形フィルタと特異値分解に基づく多重唱の音高推定法に関する検討,” 信学技報, DSP2002-110, pp.1-6, 名古屋工業大学, Sept. 2002.
  5. 山口満, 田所嘉昭, ”Resonator Fourier Transformによる近接周波数のフーリエ係数推定,” 信学技報, DSP2002-218, pp.53-58, 日本大学, March 2003.
  6. 山口満, 松本弥, 田所嘉昭, ”くし形フィルタの遅延数制御による混合音の音高推定,” 電子情報通信学会第18回ディジタル信号処理シンポジウム, A5-1, 伊勢志摩ロイヤルホテル, Nov. 2003.
  7. 山口満, 田所嘉昭, ”くし形フィルタと自己相関関数に基づく調波成分が重複する混合音の音高推定,” 情処学音楽情報科学研報, 2007-MUS-72-10, pp.49-54, ヤマハ株式会社, Oct. 2007.

学会発表等

  1. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”異なるオクターブの同一音名和音に対する楽器推定法の検討,” 電気学会東海支部「マルチメディア情報通信と信号処理」若手セミナー, 名古屋大学, March 2000.
  2. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”異なるオクターブの同一音名和音に対する楽器推定法の検討,” 2000信学総大, A-4-31, 広島大学, March 2000.
  3. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”くし形フィルタによる歌唱音のピッチ推定の基礎検討,” 平12東海連大, 441, 静岡大学, Sept. 2000.
  4. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”くし形フィルタによる歌唱のピッチ推定の実験結果,” 2000信学ソ大(基礎・境界), A-4-29, 名古屋工業大学, Oct. 2000.
  5. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”多重くし形フィルタによる歌唱音の採譜,” 電気学会東海支部「マルチメディア情報通信と信号処理」若手セミナー, 名古屋大学, March 2001.
  6. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”多重くし形フィルタによる二重唱の採譜の検討,” 2001信学総大, A-4-44, 立命館大学, March 2001.
  7. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”縦続接続くし形フィルタ構成による三重唱の音高推定,” 平13東海連大, 447, 豊橋技術科学大学, Nov. 2001.
  8. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”並列構成くし形フィルタと特異値分解による多重唱の音高推定,” 2002信学総大, A-4-19, 早稲田大学, March 2002.
  9. Y. Tadokoro, K. Noguchi, K. Obata and M. Yamaguchi, ”Study on location estimation system of song sound source in additive noises and its transcription system,” Proc. of the First Symposium on Intelligent Human Sensing (IHSS2003), pp.167-173, Hotel Nikko Toyohashi, March 2003.
  10. 山口満, 三輪多恵子, 田所嘉昭, ”resonator Fourier transformによる近接するスペクトル成分の判別,” 2003信学総大, A-4-45, 東北大学, March 2003.
  11. Y. Tadokoro, K. Noguchi, K. Obata and M. Yamaguchi, ”Study on tracking system of singer and transcription system for its song sound,” Proc. of the Second Symposium on Intelligent Human Sensing (IHSS2004), pp.179-182, Toyohashi Univ. Tech., Feb. 2004.
  12. Y. Tadokoro, K. Noguchi and M. Yamaguchi, ”Pitch estimation of musical polyphony sounds having same frequency components for transcription,” Proc. of the Third Symposium on Intelligent Human Sensing (IHSS2005), pp.165-168, Hotel Nikko Toyohashi, March 2005.
  13. 山口満, 田所嘉昭, ”くし形フィルタ出力の自己相関関数に注目した調波成分が重複する混合音の音高推定,” 2007信学ソ大(基礎・境界), A-4-46, 鳥取大学, Sept. 2007.
  14. 山口満, 桐木道彦, 遠山直人, ”プッシュ型問題配信に基づくeラーニングシステム Sozo Platz の開発,” 平24東海連大, Po1-2, 豊橋技術科学大学, Sept. 2012.
  15. 山口満,村松東,見目喜重,今井正文,三好哲也,”地域企業との協働プロジェクトを通した 総合的学士力養成プログラムの試み,” 大学教育改革フォーラムin東海2013,オーラルセッションⅢ-7『課題解決型学習の可能性』,名古屋大学,March 2013.
  16. 森田佐知子,今井正文,山口満,見目喜重,三好哲也,”社会人基礎力養成に係る教育効果測定(評価)と指導方法のあり方に関する事例発表,” 大学教育改革フォーラムin東海2014,オーラルセッションⅡ-8『学生の主体的な学びを引き出す』,名古屋大学,March 2014.
  17. 三輪多恵子,山口満,見目喜重,”情報活用力の修得を目的とした科目「ICT応用」におけるICTの活用事例とその効果,” 平成26年度教育改革ICT戦略大会,D-8『情報リテラシー』,アルカディア市ヶ谷,Sept. 2014.
  18. 早瀬光浩,見目喜重,今井正文,山口満,”社会人基礎力養成に係る教育効果の主観的・客観的評価事例,” 大学教育改革フォーラムin東海2015,ポスターセッションP21,名古屋大学,March 2015.

研究紀要


外部資金・共同研究

  1. 音声入力による産業ロボット操作を実現するためのプログラム開発,(株)生産技術,2006. (富山商船高等専門学校 情報工学科)
  2. ピアノ音を対象にした広音域,多和音の音高推定法に関する研究,豊橋技術科学大学との共同研究,2006. (富山商船高等専門学校 情報工学科)
  3. 楽音の解析とそのIT社会への応用に関する研究(分担者),科研費基盤研究(C),豊橋技術科学大学との共同研究,2007-2008. (豊橋創造大学)
  4. 中国笑話集と日本文学・日本語との関連に関する研究(H21研究協力者,H22連携研究者,H23研究分担者),科研費基盤研究(C)(1)(課題番号21520215),島田大助・豊橋創造大学情報ビジネス学部教授(代表者)との共同研究,2009-2011. (豊橋創造大学)
  5. 東アジアの笑話と日本文学・日本語との関連に関する研究(H24研究分担者),科研費基盤研究(C)(課題番号24520244),島田大助・豊橋創造大学経営学部教授(代表者)との共同研究,2012-2017(予定). (豊橋創造大学)

その他の活動

  1. 山口満,”音楽的信号に対する基本周波数・音高推定のデモ実演,” とやまテクノフェア2005「未来を拓くものづくりイノベーション」,富山産業展示館(テクノホール),Sept. 29-Oct. 2,2005. (富山商船高等専門学校 情報工学科)
  2. 山口満,”情報ネットワークの過去・現在・未来,” 2008年度豊橋創造大学・豊橋市教育委員会連携講座 市民大学トラム「生活の中のIT技術と情報の創造的活用」第4回講演担当,豊橋創造大学,July 12, 2008. (豊橋創造大学)
  3. 山口満,”ポイントカードにみる企業戦略とICT ~Pontaカード vs T-POINTカード~,” 高校生のための「あいちの大学『学び』フォーラム2014,愛知大学豊橋キャンパス,Aug. 9, 2014. (豊橋創造大学)