角田 享介(かくだきょうすけ)

教員からのメッセージ

経済取引の背後には、会計と税金が必ず存在しています。会計や税金の知識を身につけることは単に経理的な技能を習得するだけでなく、経営のセンスを高め、経済事象をより深く分析することなどが可能となります。そして、そのような能力はみなさんが社会で活躍されるときの大きな武器の1つになります。講義では、会計や税金についての基礎的な知識を習得するとともに、それらが世の中でどのように機能しているのかについてイメージできるように実例も交えながら説明していきます。


所属・職位・学位

経営学部経営学科、大学院経営情報学研究科・教授
行政学修士(コロラド大学デンバー校行政大学院)

略歴

平成7年4月 国税庁入庁
 国税庁(本庁、国税局、税務署)で勤務のほか
 税務大学校(教授)
 長崎大学経済学部(准教授)
 国税不服審判所(国税審判官)
 財務省主税局(課長補佐)
 在英国大使館(二等書記官)
 在エジプト大使館(二等書記官)
 総理府・内閣内政審議室(地方分権一括法案担当室)


研究テーマ

  • 税務会計と企業会計の関係の変革に関する研究

研究業績等(主なもの)

  • 角田享介「自己創設営業権の時価評価について」税務大学校論叢(80), p265-400, 2015.
  • 角田享介「法人税法22条4項に関する一考察 : 企業利益概念の変革と公正処理基準の解釈の観点から」租税研究(785), p89-109, 2015.
  • 角田享介「法人税法22条4項に関する一考察 : 企業利益概念の変革と公正処理基準の解釈の観点から」税務大学校論叢(79), p1-177, 2014.
  • 角田享介「金融所得課税の一体化に関する考察」経営と経済: 長崎大学経済学会92(1), p87-115, 2012.

研究者情報(researchmap)


担当科目

大学院

  • 租税法特論
  • 財務諸表特論
  • 会計監査特論

学部

  • 商業簿記(上級)
  • キャッシュフロー会計
  • 原価計算
  • 企業会計
  • 管理会計

学外講義テーマ

  • 日本の財政と税制について

高大連携事業に関するお問い合わせ