原木 英一(はらきえいいち)

教員からのメッセージ

専門はグローバル・マーケティング論,国際経営論です。経営学部では主にマーケティング関連科目を担当しています。大学における学びは,単なる知識の習得ではありません。課題を発見し,それに対する解決策を示すことが重要です。マーケティングという皆さんにとって身近な題材で,卒業研究を通じて学術的に,プロジェクト実習等を通じて実践的に学んでいきましょう。


所属・職位・学位

経営学部経営学科・講師・修士(経営学)

略歴

2010年3月 明治大学 経営学部 経営学科 卒業
2013年3月 明治大学大学院 経営学研究科 博士前期課程 修了
2013年4月 明治大学大学院 経営学研究科 博士後期課程 入学
2014年4月 明治大学 経営学部 助手
2017年1月 一般財団法人 国際開発機構(FASID) 国際開発研究センター 主任
2019年4月 豊橋創造大学 経営学部 講師

所属学会

  • 多国籍企業学会
  • 国際ビジネス研究学会
  • 異文化経営学会

研究テーマ

  • グローバル・マーケティング論
  • BOPビジネス論

研究業績等(主なもの)

  • 原木英一(2012)「BOPビジネス研究出現の背景」,『経営学研究論集』,第37号,pp.1-14。
  • 原木英一(2013)「『BOPビジネス』の新規性に関する一考察」,『経営学研究論集』,第39号,pp.169-185。
  • 原木英一(2014)「The Effects of Rural Development Policies in India on the Channel Policy of Hindustan Unilever」,日本流通学会,第28回全国大会,報告要旨集,p.25。
  • 原木英一(2014)「HULのBOPビジネス参入動機―インド政府への対応経験とNirma Ltd.との競合経験を通じて―」,国際ビジネス研究学会,第21回全国大会,報告要旨集,pp.127-130。
  • 原木英一(2015)「マーケティング・リサーチ」,大石芳裕編著『マーケティング零』,白桃書房,pp.82-95。
  • 原木英一(2016)「新興国市場におけるユーザー起点の製品開発―口コミを誘発するデザイン―」,日本流通学会,関東甲信越部会。
  • 原木英一(2016)「グローバル・マーケティング研究における企業家概念導入に関する予備的考察」,多国籍企業学会,関東部会。

教育関連業績等(主なもの)

  • FASID公益支出目的事業ビジネスと開発セミナー「途上国ビジネスの社会的インパクト評価〜ビジネスがもたらす開発効果〜」に係る企画・運営(2018年2月,12月)
  • 「BOPビジネス・スタディ・ツアー」フィールド調査の企画・運営(2010~2012年)
  • グローバル・マーケティングに関するフィールド・スタディ(2016年2-3月)

研究者情報(researchmap)


担当科目

  • 経営学入門
  • マーケティング入門
  • マーケティング・マネジメント
  • 商品企画論
  • 広告論
  • インターネット・マーケティング
  • プロジェクト実習1, 2
  • 入門ゼミナール1, 2
  • 基礎ゼミナール1, 2
  • 専門ゼミナール1, 2

ゼミナール研究テーマ

  • マーケティング全般(具体的には以下の通り)
    • 小売店の海外参入戦略
    • インフルエンサー・マーケティング
    • ブラックサンダーのマーケティング戦略

学外講義テーマ

  • 日本生産性本部経営アカデミー「グローバルビジネス・リーダーコース」(2015,2016)「研究の進め方」
  • ラーニングフェスタ(2019)「スタバが売っているものとは:スタバの成功を探る」
  • 豊丘高校高大連携事業(2019)「消費者心理とマーケティング・コミュニケーション―「つい,買ってしまった」を科学する」

高大連携事業に関するお問い合わせ